乳児の肌はデリケート|乳児湿疹を治す方法をしっかりチェック

湿疹を防ぐベビー用品

赤んぼう

オーガニックコットンのベビー服は、乳児湿疹を予防するのに最適である。オーガニックコットンは有機栽培された綿花を原料にしており、肌に優しいことが特徴である。吸収性が優れているため、汗が原因の乳児湿疹の予防につながる。

View Detail

赤ちゃんの肌トラブル

ファミリー

乳児湿疹は大人に比べて肌が薄く、弱い赤ちゃんには頻発する症状です。症状を改善させていくためには、専門の医療機関を受診して治療を進めること、そしてそれに並行して保湿ケアを徹底していくことがより重要になってきます。

View Detail

赤ちゃんの湿疹

2人の乳児

生まれたばかりの赤ちゃんは肌のバリア機能が弱く乳児湿疹になりやすいのです。今後は乳児湿疹に効果的で肌に優しい石鹸やクリームが作られ、症状が酷い赤ちゃんも健康な肌になると予測されます。乳児湿疹は症状や原因によってケア方法が異なるります。間違えると悪化させることもあるので注意が必要です。

View Detail

種類や原因

ファミリー

清潔にすることを心がけて

生まれて間もない頃から赤ちゃん特有の皮膚疾患に乳児湿疹があります。これは免疫力が低いことと、皮膚がまだデリケートな状態であることや体温調整機能の未成熟さに関係しています。とにかく、赤ちゃんは汗をよくかきます。しかし、汗を沢山かくにも関わらず汗腺の機能はまだちゃんとしておらず汗が皮膚に溜ってしまいます。放っておくと皮膚にある菌が増えてあせもになり、ひどくなるととびひの状態にまでなることもあります。その為、赤ちゃんはとにかく清潔に保つことが大切です。入浴時に体を洗うときは不要な刺激をあたえないように石鹸の泡で優しく洗います。赤ちゃんの寝ている状態をよく見て、服はこまめに着替えさせるようにすると乳児湿疹の1つであるあせもを防止することができます。

妊娠中の食生活を

乳児湿疹の1つに食物アレルギーがあります。これはアレルギーの元になる食物を口に入れることにより、口の周りや体に赤い発疹ができる乳児湿疹の症状です。大人と同じように下痢や嘔吐や呼吸困難になる場合もあるので注意が必要です。ただ、食物アレルギーとなる食品数は多く、また赤ちゃんの食物アレルギーは胎児の頃から形成されますので避けようがないというのが実情です。なるべく、食物アレルギーの元となりやすい卵・牛乳・小麦・大豆などの食品は妊娠中は食べすぎないように心掛けましょう。これらの食品の食べ過ぎが原因で赤ちゃんに食物アレルギーが出る可能性が高まりますので気をつけておきましょう。食物アレルギーがあるなと疑いをもったら、病院でアレルギー検査をしてアレルギーの元となる食品を調べましょう。